Q&A

理想に近づけるプラスチックを用いて試作

お客様のプラスチックの試作サービスに関するよくある質問を掲載

ご依頼をご検討されている方に、サービスの内容がより分かるように、お客様から受けるよくあるご質問とその答えを掲載しております。サービスの内容は主にプラスチックを用いた試作品の制作です。あらゆる形状のものや量産する目的のものなど、ご依頼に応じて適切なプラスチックの加工法をご提案いたします。また加工法だけではなく、試作の段階に応じて納期、コスト、スペック等を打ち合わせでしっかりとお聞きし、ぴったりな案をご提示いたします。

よくある質問

  • 納期の目安を教えてください。

    製品の大きさ、形状やお求めの寸法精度にもよりますが、例えば最短で試作品の作成が可能な光造形であれば当日の出荷も可能です。

    テクニカラーは国内外に多くのブレーンを有しておりますので、お客様からの立地から一番近い工場にて作成し、バイク便なのでの発送にも対応をしております。

    お問い合わせを頂ければおおよその納期に関しましては即答が可能です。是非ともお問い合わせください。

  • 2次元データでも製造できるのでしょうか?

    できます。2次元データをお持ちいただければ当社にて3次元に展開し、形状をご確認いただきながら製造を進めていきます。3Dデータを確認できないお客様に関しても安価に光造形品などを作成し、実際の形状を確認して頂くことも可能です。

  • 図面やデータがないのですが、製作は可能でしょうか?

    可能です。現物がある場合はシリコーン製の型を用いることで複製品を得ることができます。

    また、現物からリバースエンジニアリングにより3Dデータを作成することも可能です。データを作成すれば、種々の工法にて対応が可能となります。

  • 試作型とはなんですか?

    試作型とは量産時に用いる鋼材型の代わりにアルミやZASといった切削性に優れた軽金属を用いることで、大幅な納期の削減が期待できる工法です。

    また、弊社では種々の大きさのモールドベースをストックしており、それを流用することによりお客様にとって最小のコストで試作品をご提供できます。

    試作型の最大のメリットは試作品でありながら、量産時の成形樹脂そのものが使用できるという点です。

思いついたアイデアを形作りたい、図面の製品を現物として再現することで質の向上に努めたいという方にプラスチックを用いた試作のサービスを提供しております。実際の材料を使わずにコストと手間を抑えながら現物作成が実現できます。また多くの幅広いご要望を実現するために、あらゆる加工法のノウハウを持ち合わせています。複雑の形状のものを量産する試作アルミ型やコストを抑えて制作できる切削加工など様々です。またそのほかにも3Dプリンターや鍛造、光造形などご要望に応じた加工ができますのでご期待ください。加えてプラスチックを使った部品の提供も行っております。現在従来金属材料であった部品に代替される傾向にあります。そこでご依頼いただけましたら、ハイクオリティーなサービスをご提供いたします。

これらのサービスの内容がよく伝わるように、よくある質問とその答えを掲載いたします。