迅速なツーリング

部品は1日で配達できます

ラピットプロトタイピング(高速試作)と一言に申しましてもその工法は本当に様々です。

お客様がその試作品に何を一番お求めになっているのかを真剣にヒヤリングし、過去の実績にとらわれることなく、

また国内外を問わず最適な工法をご提案致します。


切削
真空注型
シリコーン型

真空注型とは金型の代わりにシリコーン製の型を用いることにより大幅なコストと納期の削減が図れる工法です。3Dデータのご提供から、最短2日で複製品を得ることが出来ます。

しかし、シリコーン製のゴムが型となりますので熱可塑性樹脂を用いた射出成型の射出圧、型締め圧に耐えることが出来ません。成形する樹脂は熱硬化性のウレタン・エポキシ樹脂、もしくはカプロラクタムを利用したナイロンのみの成形に限定されます。

しかしウレタン樹脂の物性も様々で、例えば200度の高温にも耐える高耐熱樹脂のラインナップも御座います。

量産時に用いるペレット樹脂のメーカー名、品番などをお聞かせ頂けければ、最大限類似してたウレタン樹脂などをご提案させて頂きます。

RIM成形
リム

RIM成形とは、エポキシ樹脂やシリコーン型、その他の複合金型の簡易型を用いて、低圧注入にてウレタン樹脂を流しこみ成形品を得る工法です。

真空注型は製品の大きさがその工場で所持する真空層の大きさに制限されますが、RIM成形ではMRI部品外装車のバンパー、トリム部品などの大きな部品をすばやく入手することが出来ます。より大きな部品の製造に適している工法といえます。

3Dプリンター、光造形
複合金型

光造形では高精度、高耐熱、高透明など種々の材料を取り揃え、一度にご用意出来るマシンの台数も優に200台を超えます。造形サイズ1400×700×500㎜の大物一体造形も可能です。

またナイロン粉末造形(GF、CF入り)FDM造形、金属造形など、最先端の設備の情報を世界中から取り寄せ、圧倒的なハイパフォーマンスにて製品のご提供が可能な体制を整えております。

簡易型射出成型
高速鋼型

簡易型射出成型とは量産時に用いる鋼材性の型の代わりに切削性に優れたアルミやZAS型を使用することにより、コストと納期の削減が図れる工法です。テクニカラーでは種々の大きさのモールドベースを流用することにより、さらに大幅なコストの削減をご提案することができます。

簡易型を用いた試作の最大のメリットは量産時に用いる成形樹脂をそのまま使用できることです。

また、型図を用いたお打ち合わせにより、ゲート位置、種類のご指定などによって、ウェルドラインの位置を把握するなど、より量産時に近い製品のご提供が可能です。試作時の成形条件なども随時開示しております。

板金
板金

テクニカラーではプラスチックだけでなく、板金加工も各種対応可能です。

表面処理も一般的なメッキ処理はもちろん、テフロンコーティングなどにも対応を致します。

ラピッドツーリング

試作型と量産型

製品数が少ないプロジェクトの場合、快速切削が可能なアルミやZAS型を用い、適切な迅速な金型製作方法を選択することで、製造コストを大幅に削減し、製品の市場投入までの時間を短縮し、顧客の競争力を向上させることができます。

ある程度の数量が必要なプロジェクトの場合、鋼材型による小ロットの試験生産により、製品開発のリスクを大幅に減らすことができます。

ラピッドツーリング生産部品の材料

ラピッドツーリング生産の材料

テクニカラーでは材料の分野でも活躍します。

光造形、粉末造形、FDM、金属造形などのRP装置の材料は最先端かつ最適な樹脂を常に選択し、最適なソリューションをご提案します。


ABS燻蒸、水メッキ
メッキ処理、印刷

試作品の表面処理に関しても、種々の工法に対応しております。

メッキ処理や塗装、印刷、着色なのです。

金属エッチング技術
金属エッチング技術

金属エッチングは、基板上で保護する必要のある部分をスクリーン印刷またはスクリーン印刷で覆い、不要な部分を化学的または電気化学的方法で侵食し、最後に保護膜を除去して製品を得ます。

金属押し出し成形
金属押し出し成形

押出プロセスの原理:金型キャビティ(または押出シリンダー)に配置された金属ブランクに強い圧力を加えて、特定のダイ穴から強制的に流出させて、目的の製品の断面形状とサイズを得るプラスチック・アルミの成形方法です。