3Dプリント

8時間で最速の配達

あらゆる工法の中でも最速で試作品を得ることができる3Dプリンターですが、その種類と用途は様々です。

私たちは一般的な光造形システムの他にも粉末造形、金属造形、熱溶解積層造形、インクジェット造形、マルチジェットフュージョン造形など、あらゆる方式の3Dプリンターの用意があります。そして合計200台以上のキャパシティと種々の造形材料を取り揃えております。

造形
SLA
SLA

液体状の 光硬化性樹脂 を、紫外線レーザーで一層ずつ硬化させて積層していく方式です。高精細かつ表面の滑らかな造形物を作成することが可能です。

最大ワークサイズ1400×700×500㎜まで対応が可能です。

また、高耐熱樹脂、高透明樹脂、PPライク樹脂など、多種のラインナップにて、種々のご要望にお応えしております。

SLS
SLS

粉末状の素材にレーザーを照射して焼結させる方式です。ナイロンベースの素材を焼結させるので、実装試験に耐えうる試作品を得ることが出来ます。


SLM金属焼結造形
SLM直接金属焼結

直接金属レーザー焼結(DMLS)は、ファイバーレーザーシステムを金属粉末の表面に投影して粉末を完全に緻密な金属部品に溶接する高出力レーザーシステムを使用します。種々の金属をそのまま利用できるので、最終製品として使用することが可能です。

マルチジェットフュージョン方式
HPジェット溶解プロセス

マルチジェットフュージョンは、ナイロンパウダー作業プラットフォーム上のヒューズとリファイナーを選択的にコーティングし、発熱体を介して数千の層に分割されたナイロンパウダーの各層をスプレーして、固体の機能部品を形成します。

FDM
FDM

熱可塑性プラスチック材料を半液状に溶かし、コンピュータが制御する経路に沿って押出成形していくことで一層ごとにパーツを構築します。

高性能熱可塑性プラスチックにより、コンセプトモデル、機能プロトタイプ、および最終用途パーツを提供することが出来ます。

RPS3D

3Dプリンターに求めること

どの3Dプリンターでも共通して求められることは圧倒的にハイスピードで製品を提供することです。

その前提をキープしながら、3Dプリンター製の試作品になにをお求めになるのかを是非お聞かせください。

十分な経験を基に、多種の造形装置から、種々の造形樹脂にて、最適なソリューションをご提供いたします。

アディティブマニュファクチャリングマテリアル

ラピットマニファクチャリング

ラピットマニファクチャリングとは、3Dプリンターで作成した製品をそのまま最終的な実働部品として使用、もしくは実部品と同じ条件にてテストを行うことのできる製品を提供することです。

熱可塑性樹脂を積層するFDMや金属粉末造形品などが該当を致します。

金属エッチング技術
金属エッチング技術

金属エッチングは、基板上で保護する必要のある部分をスクリーン印刷またはスクリーン印刷で覆い、不要な部分を化学的または電気化学的方法で侵食し、最後に保護膜を除去して製品を得ます。

アルミ管曲げ加工
アルミ管曲げ加工

アルミ管曲げ加工:ベースとホイールディスクを備えた曲げ機を採用し、アルミ管を曲げる際の操作性と加工精度が高く、曲げ後のアルミ管の円弧が均一になり、コーナーが可能になります。よく維持されます。強度。

特徴:異なる方向、異なる角度、丸いチューブを曲げることができ、同じチューブを異なる方向に複数回曲げることができ、ユーザーの要件を満たすために、材料はアルミニウムであり、材料を選択しやすく、多くの種類、軽量、低処理コスト。

金属押し出しプロセス
金属押し出しプロセス

押出プロセスの原理:金型キャビティ(または押出シリンダー)に配置された金属ブランクに強い圧力を加えて、特定のダイ穴から強制的に流出させて、目的の製品の断面形状とサイズを得るプラスチック成形方法。