簡易型射出成型とは

7〜25日配達

簡易型射出成型とは、量産時に利用する鋼材性の型の代わりにアルミやZASといった快速切削が可能な材料を使用することで、大幅なコストと納期の短縮が図れる試作工法です。さらにモールドベースを共有化することにより、お客様への負担を極力減らすべくシステムを採用しております。

成形機は50t~3500tまでのラインナップが御座います。

botoru
簡易型射出成型のメリット
射出成形金型

簡易型射出成型は、量産時に使用する熱可塑性ペレット材をそのまま使用しますので、試作品をそのまま量産品と同じレベルでの試作検証が可能となります。また型構造の検証時に、ゲートの位置や種類などのご指定ももちろん可能です。量産時の条件と極力仕様を合わせることにより、ウェルドラインの検証など、より細かな検証が可能となります。

成形材料について
注射剤

熱可塑性ペレット材料のメーカー、種類は多岐にわたります。量産時に使用する成形樹脂が決定されているなら番手をご指定下さい。私たちの幅広いネットワークにて、極力入手を可能にします。

また、ご要望のスペックなどをお聞かせいただければ、私たちからの材料の推奨ももちろん可能です。

ゴム製品
ゴム製品

液体シリコーンゴム(LSR)成形は、2成分コンパウンドを混合し、白金触媒を使用して金型内で加熱および硬化して、最終的なLSR部品を製造する熱硬化性プロセスです。

ダイカスト製品
ダイカスト製品

私たちはダイカストでの対応も可能です。ダイカストは一般的に量産に適用される工法ですが、試作などの数量が少ない場合、石膏鋳造や砂型鋳造などで対応します。まだADC12材料による切削加工も可能です。

2色金型インサート金型
2色金型インサート金型

オーバーモールディングとインサート成形は、1つの材料が2番目の基板パーツまたは金属インサートで覆われて単一パーツのマルチマテリアルアセンブリを作成する2つの部分からなる射出成形プロセスです。

射出成形プロセス

試作型を採用する際のメリットとデメリット

試作型は量産時に使用するペレット材料をそのまま使用できるという最大のメリットを有しますが、簡易型とはいえ、固定費が発生してしまうことがデメリットといえます。試作品に期待するスペックを是非お聞かせください。注型用のウレタン樹脂や光造形樹脂の進化は目覚ましいものがあります。全ての試作工法に精通している弊社では、最適なソリューションをご提案させて頂きます。


ABS燻蒸、水メッキ
蒸着メッキ、塗装

真空蒸着メッキや塗装、印刷など。あらゆる2次装飾のニーズにお応えすべく設備を整えております。

金属エッチング技術
金属エッチング技術

金属エッチングは、基板上で保護する必要のある部分をスクリーン印刷またはスクリーン印刷で覆い、不要な部分を化学的または電気化学的方法で侵食し、最後に保護膜を除去して製品を得ます。

アルミ管曲げ加工
アルミ管曲げ加工

アルミ管曲げ加工:ベースとホイールディスクを備えた曲げ機を採用し、アルミ管を曲げる際の操作性と加工精度が高く、曲げ後のアルミ管の円弧が均一になり、コーナーが可能になります。よく維持されます。強度。

特徴:異なる方向、異なる角度、丸いチューブを曲げることができ、同じチューブを異なる方向に複数回曲げることができ、ユーザーの要件を満たすために、材料はアルミニウムであり、材料を選択しやすく、多くの種類、軽量、低処理コスト。

金属押し出しプロセス
金属押し出しプロセス

押出プロセスの原理:金型キャビティ(または押出シリンダー)に配置された金属ブランクに強い圧力を加えて、特定のダイ穴から強制的に流出させて、目的の製品の断面形状とサイズを得るプラスチック・アルミの成形方法です。